自動制御盤の製作

STSエンジニアリングの自動制御盤

制御盤には、自動制御盤計装盤といったさまざまな種類があります。こちらでは、自動制御盤についてご説明します。STSエンジニアリングは、制御盤(自動制御盤・計装盤)の設計・製作および取付・配線工事まですべて一貫対応が可能な制御盤の専門家です。他社製の自動制御盤の修理・改修にも対応できますので、一刻も早くトラブルを解決したい方、定期的なメンテナンスをお考えの方はお気軽にご相談ください。

自動制御盤とは?

自動制御盤は制御盤の一種で、すべての工程を自動で行うハードウェアおよびソフトウェアの集合体です。自動制御盤は配電制御を行う機器を中心に構成され、さまざまなモジュールを必要に応じて組み合わせて製作します。近年は操作性を重視し、インターフェース(人が操作を行う部分)にグラフィックを使ったタッチパネルなどが採用されることも多くなっています。

自動制御盤の構成要素
PLC・シーケンサー リレー回路 マグネットスイッチ インバーター
ブレーカー コントローラー 各種センサー モーター
コンベヤ ファン ロボット シリンダー
自動制御盤でできること

自動制御盤の活躍シーンは数多くありますが、工場生産ラインのオートメーション化がもっともわかりやすいでしょう。すべての工程を「流れ作業」で行い、かつ機械による作業を人が見守ることで、人件費をはじめとするコストの大幅削減が可能となります。作業効率アップが図れるため、品質の安定にもつながります。取り扱う素材や、生身の人間に危険がともなう現場では、遠隔操作による安全・確実な作業が実現します。

STSエンジニアリングの自動制御盤製作事例

※只今事例を取りまとめております。

STSエンジニアリングが手がけた製品をご覧いただけます 製作事例(一覧) 自動制御盤についてのご相談はお気軽にどうぞ お問い合わせ
お問い合わせ